この記事の所要時間: 127

IMG_0134
増設するディスプレイ・・・
本当は縦長に表示したかったのでそういうディスプレイ買うべきなんだろうけど
アイディアと力まかせの【貧乏アタッチメント】でカバー(笑)
※ただのPP紐です・・・ディスプレイの下にはよく緩衝剤として入っているプチプチを挟んでるだけです。危ないことこの上ないですね・・・。良い子は真似しないでください。

もともと、Windows XPのディスプレイなんですが、滅多にしようしないのとたまたまKVMスイッチ持っていたのでそれを使ってつないでみようというわけです。



IMG_0135
IMG_0137
IMG_0136


ディスプレイの端子にVGA変換アダプタを取り付けました。
推奨はApple純正ですが、私はこれを使いました・・・

参考まで・・・
自己責任でお願いします。


IMG_0138

つなぐとすんなり認識されてディスプレイの設定を行うことが出来ました。
配置がこうやって段差に出来るので助かります。


IMG_0139

物理的な配置と合わせておくとカーソルが迷子になりません(笑)


IMG_0140IMG_0141


ディスプレイは縦置きにしたいので 90° の角度を付けます。

時計回りに立てると 90°
反時計回りに立てると 270°
反対にすると 180°

ですね。


IMG_0142
この状態で Google Chromeを開いて持ってくると「表示」メニューの「プレゼンテーション開始」で全画面になるのでデジタルサイネージ風に使えます!

こんな感じ・・・
スクリーンショット 2013-12-11 10.44.29(2)

では、また!!!

下記の記事も合わせてご覧ください。画面が3つになっちゃいます。
iScreenというアプリでiPad Airを拡張ディスプレイにした記事はこちらです!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で