Sourcetree でリポジトリのクローンに失敗するときにやってみて
この記事の所要時間: 144

最近2人に教えたので、たぶんもっと多くの人が知りたいであろう情報だと勘違いして投稿してみる(笑)

GitHub ならいいんだけど、GitLab とか backlogのGit とかを Sourcetree をクライアントにして操作する場合に
ログインできなくて失敗しちゃう・・・ってことありませんか。

1度失敗しちゃうとどうしていいのかわからなくなっちゃって・・・と言われたので教えた方法です。

GitLab や backlogのGit のアカウントを設定している?

これは多方、GitHub や Bitbucket のアカウントで GitLab、backlog のGitにアクセスしようとしているために失敗していると思われます。

そこで適切なアカウントに切り替えてあげる方法です。

Sourcetree のアカウントを設定しなおす

アカウントの設定がどこにあるのか・・・これがわからないんですよね〜。

イメージキャプチャを撮りましたのでぜひ試してみてください。

周りに Mac 利用者しかいないので Windows はわかりません。ごめんなさい。

アカウントの確認

リポジトリ一覧を開いて右上の歯車マークを押します! 押したら出てくる「アカウント」を押します!

アカウントの「高度な設定」を確認

「アカウント」が開いたら、右上の「高度な設定」を押します!

様々なサービスで使用しているユーザーアカウントを確認及び修正

高度な設定の中に「URLにユーザー名が含まれていない場合のデフォルトのユーザー名」っていう一覧があるので失敗するアカウントの行を選択し、「編集」を押します。※削除してもう一回やってもいいです。

すると「デフォルトユーザー名を編集」画面が出て来るのでそこのアカウントIDに変更して「OK」を押して完了です!

これでもう一度、「新規」→「URLからクローン」あたりから設定しなおしてみましょう!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で