この記事の所要時間: 355

MacbookProが起動しなくなった

なぜか・・・ではない、あきらかに原因があった。

最近ずっと使用していなかった Bootcampに入っていた Windows7 を Windows10にしたら Parallels Desktop で起動できなくなったため

放置していたんですが、まぁ、消すか・・・と。

使ってないし。Parallels Desktopの最新バージョンにしたらできそうな感じもしたけど、そもそも使っていない・・・

ってことで削除。

Bootcampアシスタント使って。

そしたら最後の最後で「お使いのディスクは単一ボリュームに復元できません。」ってメッセージが表示されて・・・

だが、しかしテキトーにエンターエンター・・エンターって押してたからメッセージもすぐ消えちゃってなんだかわからず・・・。

とりあえず再起動したら起動できた・・・そこでやめときゃよかったんだけど

ディスクみたら謎の空白が・・・。200ギガくらい。

もったいないよね・・・もったいないでしょ。

ってことでいろいろやってたら Recovery HDD ヲケシテシマッタ・・・

で、アフターフェスティボー!後の祭りですよ。

もうね、なんかね

再起動してもはてなマークのファイルが出てくるんですよ。最後の再起動した自分を恨みますよw

昔見たサッドマック以来の衝撃ですよ。


一応私のマシンは 2012mid 15インチ的な感じ。

あ、タイムマシンがあった!

たいむましーーんにおーねがいーーー! (シーナ&ロケッツ) 知らんか。

タイムマシンがあったことを思い出した。

コマンド+R 押しながら電源スイッチオン!!!

タイムマシンで復元! ・・・・しようと思った時によく見たら 中身は削除してから復元する・・・ようだ。

タイムマシンで保存していない領域があったはず・・・・。 そこがどこだかわからん。

写真あたりが消えるとちょっとやっかいなのでそこだけでも・・・いやUsersの自分とこ一応バックアップしときたい・・・

ってことで方法調べました。

外部ディスクにコピーとってみた〜

なんかね、サンダーボルト+サンダーボルトのケーブルが売ってるんですよ。

それを使って ターゲットディスクモード で・・・っていう方法もあるんですが

このケーブルではどうなんだろ・・・できるのかできないのかわからないんですが、うちではできなかった・・・・。

ミニDisplayPortケーブル1m

仕様とかあるのかな・・・安いやつかったからなのか原因もわからずとりあえず認識しない事実だけはわかった。

他に方法はぁ・・・・

こんなの発見

起動しなくなったMacからネットワーク経由でデータをサルベージする
https://techracho.bpsinc.jp/morimorihoge/2014_07_09/18182

morimorihogeです。早くも夏バテっぽいです。 昨日自宅でニコニコ動画を視聴するのに使っているiMacの調子が突如悪くなり、再インストールを迫られる自体になったので対処方法を記録しておきます。 ちなみに今回の対象機種はiMac Late 2012で、プリインストールOSはMountain Lion時代のものです。 再インストールの前に試すべきこと 再インストールは面倒な作業なので、なるべくやりたくないものです。 また、データが破損しただけだと思ったら実はハードウェア的にディスクが破損していて、再インストールしたけど結局無駄だったとか、実は悪いのはHDDじゃなくてメモリのエラーだった、なんていうことにもなりかねないので、まずは情報収集が大事です。 今回僕のiMacで出ていた症状は以下の通りでした。 何か操作をする度に数分間レインボーカーソルが周り続け、ほとんど使い物にならない状態 マウスカーソルは正常に動く(完全にフリーズはしていない) 再起動しても症状は変わらず このような状態になったとき、まず最初に疑うのはディスク上のデータが論理的に破損しているケースになります。 今回はディスクから起動しているOSが既に不安定になってしまっているので、OS X復元モード(電源ON時にCommand + R)で起動します。 参考:OS X のキーボードショートカット 復元モードで起動したら「ディスクユーティリティ」を起動し、対象ディスクの「Repair Disk(ディスクの修復)」を実行します。 (Verify Disk(ディスクの検証)は自動的に修復前に実行されます) 停電などで電源が落ちたり、たまにkernel panicになって強制再起動などをしていた場合、ここで修復できる可能性があります。 また、色々なソフトをインストールしている場合「Repair Disk Permissions(アクセス権の修復)」も実行することで、挙動が改善される可能性があります。 というわけで、いつもは前述のディスク修復で問題無く調子が戻るのですが、今回は珍しく、修復に失敗してしまいました。 これはもうアカンやつや・・・ということで、この状態になるとOSがブートしなくなります(あちゃー。 ディスク以外の部分が影響している可能性も考え、念のためApple Hardware

この記事の中ではssh 使って他のサーバーへ飛ばしちゃってるんですが、外部ディスクに保存できたらそれで良いので1TBのディスクつないで(1TBまるまる空いているわけではなかったんだけど)、ディスクへバックアップする方法を試みました。

こんなコマンド・・・

# cd /Volumes/HDCL/backup/
# cp -p -r . /Volumes/Macintosh\ HD/Users/gtimac

こんな感じ。 HDCL っていうのは外部ディスクの名前で、 Users/gtimac ってのはMacbookProにあった私のアカウント。
この辺のコマンドはちょっと調べてみてください。

で、このままだと時間かかるのでスリープしちゃうと面倒・・・なので下記コマンドを別ウィンドウで発行しておく。

# pmset sleep 0
# pmset displaysleep 0
# pmset disksleep 0

これは上記で紹介した記事に書いてあった通りです。
これですごく助かりました。

で、昨日はバックアップしながら帰宅・・・
今日、バックアップが途中で止まってたのを確認・・・。
1TBまるまる空いているわけではないディスクだったので書き込めなくなってた・・・アホw

まぁ、なんだか良さげなところまでは書き込んでいたようなので・・・
タイムマシンに再びお願い・・・。
復元中・・・のまま私は Wordbench福岡 に初参加するのであった・・・。楽しみっす。

これで起動するか・・・はまた今度。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で