法務省
この記事の所要時間: 236

昨年末、本社移転したのですが、まだ住所変更していないものがありました…

無念…

法人の住所変更は添付資料が必要なことが多く、個人であれば免許証でもあればいいんでしょうが、その免許証にあたるものが…登記簿謄本(履歴事項全部証明書)になるんですよね…。

しかも、発行から3ヶ月、長くても半年以内のもの…ということになるので、その度に取得しにいくのが現実的です。

以前の事務所、大名であれば、法務局までそれほど距離がないため、歩いて散歩がてら…という感じでした。

今は 電車に乗って… となると、他に用事でも入れたくなるのが人情です。

しかーーし!この時期、そんな時間は取れない(笑)

…そこで

登記・供託オンライン申請システム

オンラインで登記簿謄本が取得できる!

なんと郵送してくれるんですよ。

そして、取得してみるとわかるのですが…

実は普通に法務局に行って取得するより手数料が安い!

まずは「申請者登録」をしてくださいね。

支払いにはペイジー決済(Pay-easy)が使えるので、現金いらず、クレカいらず、いきなり会社の銀行から引き落とせるというわけです。

※会社である必要はありません。個人でも取得できます。

詳しくはこちらをご覧ください!

https://www.touki-kyoutaku-online.moj.go.jp/whats/what_top.html

今回2枚取得して ¥1,000 でした!

こちらに手数料一覧がありますので参考まで。

http://www.moj.go.jp/MINJI/TESURYO/

郵送だと、 1部 500円(郵送料込)

オンラインで申請して受け取りに行くと… 1部 480円

法務局で書面で請求すると 1部 600円

おいおいおい、一番めんどくさい方法が一番高い!?

それは向こうも同じってことか(笑)

あまりメリットないかもしれないけどw 他社の履歴事項全部証明書も取れますよ。

司法書士さんとか税理士さんとか社労士さんとかが取得することが多いんじゃないかな。

印鑑証明書は専用のソフトが必要(要Windows)のようです。

https://www.touki-kyoutaku-online.moj.go.jp/download_soft.html#SogoSoft

今回は楽天ペイの住所(本店住所)変更でした…

しかも手持ちの履歴事項全部証明書の発行日が 2019/12/9 だったので3ヶ月ギリギリ経過したところ…惜しい!!

参考にされてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で