この記事の所要時間: 337

もう8月のことになりますが
Googleさんが「HTTPSをランキング シグナルに利用します」という記事を書かれてから少し経ちました。

現状はどうなんでしょう?

このHTTPSがSEOに影響するかどうかについては、この記事参考になります。
『HTTPSをSEOで優遇』 SSL化を推奨するアルゴリズム導入をGoogleが公式発表 ++ SEO HACKS公式ブログ.
面白い記事です!

これを検証したくても、カンタンに環境を変えられるサイトなんて持ってないよ・・・・ん?? おやぁ!?

そうそうあった!
弊社のサイトでカンタンにSSL通信出来るようになるサイトはこちらでした。

WordPressでお悩みのウェブ制作者さま
https://joy.ful.jp

WordPressでホームページを作れば簡単な更新はバッチリ! | 福岡市 | 博多区 | 春日市 | 大野城市 | 那珂川町

とりあえず、このサイト、これから頑張っていこう!っていう気持ちだったので
参考になるかわかりませんが初期値を・・・・
※2014/9/15 2:00 現在
スクリーンショット 2014-09-15 1.59.43

少ない・・・

ここからのスタートということで(笑)

HTTPSサイトを作る・・・多分一番安い方法

HTTPSのサイトを構築する・・・と一口に言ってもいろいろ方法があります。

サーバーのプロバイダで独自SSLを導入する

レンタルサーバー会社さんでSSLを扱っている場合です。
SSLを扱っている・・・と言っても実はSSLは「固定IPアドレス」の上に成り立っているので
「固定IPアドレス」とセットまたは段階的に導入されることが多いです。

さくらインターネット
 ビジネスプロ プラン
 マネージドサーバ プラン

 これらでは「機能」として「独自SSL」が使えるようになっています。
 ただしSSL証明書料金は別途必要です。※持ち込み証明書を利用します。

◯ヘテムル
 独自SSL

◯CPI
 CPI SSLサーバー証明書
 いろいろ書いてますが・・・ちょっと割高です・・・かね。
 先日書いたとおりアドバンスドプランではIPアドレスを追加出来るもののSSLサーバー証明書がCPI契約のものだけの対応となります。
 これが高い・・・のでいろいろ検討したくなります(笑)

この他、こちらの記事にいろいろ書いてありました。
参考にしてください!

一番安い・・・と思われる方法

さくらインターネットのところでは紹介しなかったのですが、VPSを利用する方法です。

さくらインターネットのVPS をレンタルし
SSL証明書を安いところで買って
VPSでopensslをインストールして証明書あてがう・・・って感じです。

めんどくさい(かなり)のでエキスパートに任せたいところです。

★さくらインターネットVPS


★おすすめのSSL証明書
サイフにやさしいSSL証明書

プランにもよりますが2つ合わせて
実費で 14,000円くらい〜 SSL証明書がワイルドカード( *.hoge.comなどサブドメインがなんでもOK)で28,000円くらいになります。
※1年間の契約費用です。

株式会社ジーティーアイでは、これらを使って独自SSL利用出来るサーバーを構築出来ます!

—————————————————-
構築費用は上記の組み合わせであれば、上記をご購入の上であれば
実費抜きで ¥54,000(消費税8%税込)です。

一度構築してしまえば次年度からは発生しない料金ですのでご検討ください!

構築内容は下記の通り
・インストールする OS
CentOS 今なら6系ですね。

その他のLinux系はご相談ください。

・サーバーの操作系
SSH インストール
Webmin等操作パネルソフトインストール

・Webサーバー系
Apache インストール
MySQL インストール (ご希望により PostgreSQLもインストール可)
FTP インストール
PHP インストール
SSLの調整

・メールサーバー系
Postfix によるメールサーバー構築
postfix + dovecot + スパム対策 + メールアドレス管理(postfixadmin)

・・・となっております。

内容は個別注文もOKです! Javaインストールなども対応します。

お気軽にお問い合わせください!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で