この記事の所要時間: 29

ここ2年くらい「さくらインターネット」のVPSプランで運用サーバー構築することが多いです。
※本当は、データホテルのエクスクラウド使いたいんですが、予算が合わないことが多いです。信頼出来るサーバーなのでおすすめです!

しかし、いつも構築している・・・といっても手順をいつも忘れてしまいます。

・・・いかんですね。

そこで、今回はメモを取っておきます。
※ここでは手順のみ記載します。その一つ一つは参考までにURL等記載します。
※エクスクラウドでもほぼ同じです。エクスクラウドだとこの他Pleskとかオプションもあります。

1.さくらインターネットでVPSを借りる
 ・いつもクレジットカードで借りてます。すると、無料お試し期間が利用出来ます。
 ※お試し期間中はメールが出せなかったり機能制限があります。ですので・・・いつもこの期間満了前に本契約にしちゃいます(笑)

2.お借りしたVPSにログインしてみる。

3.セキュリティの設定を念入りに
 ・iptables調整
 ・SSHのportずらしてみたり

4.各種サーバーを構築する
 ・ウェブサーバー(Apache主にhttpd.confの調整)
 ・DBサーバー(MySQLが多いけど、たまにPostgreSQL)
 ・FTPサーバー(結構いつも困っちゃうのがここ)
参考サイト:さくらインターネットのVPSでWEBサービス | さくらのVPS vsftpd(FTP)のインストール
   ※パッシブモード利用時はiptablesの設定に一手間入れます。 参考サイト:猫ぐらし | iptablesにてftpのポート設定
 ・メールサーバー(Postfixにする。postfixadmin入れる。)
 ・PHPとかその他言語(Java入れるときはJavaも)
 ※これらを矢継ぎ早にインストール(ほぼ並行)

 ■サーバー構築全体で参考にしているサイト
  ・さくらのVPSでWordPresを動かそう

 ■メールサーバーあたりで参考にしているサイト
  ・さくらVPSでメールサーバー構築
 
5.メールアドレスに admin@ドメイン名 を作成し、SSL証明書を買いに行く(笑)
 ・購入時 CSRが必要。
 作り方は ココをいつも参考にしてます。

あとは、本文のシステム制作に入ります。
ネットワークの人とかこういうのサラッとこなす人、ス・テ・キ っていつも思う。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で