この記事の所要時間: 526

WordPressの記事上で支払いできるようにしたい

先日から制作している WordPress用プラグイン Stripe Payment ですが、ここまで出来ましたレポートです。

こちらの記事から制作しています。
Stripe Payment プラグインを作ってます!

使用を想定している場所

ECサイトのような感じで商品を中心とした記事を作成して商品カタログのようになった WordPress 上に決済を入れたい場合。

カートではないので1商品入魂で販売される場合は手っ取り早いようにしたいなぁと。

ランディングページとかいいですよね。

とか書いていたのですが、普通にフォームの中でその他のフォーム項目と同時に送信しないとダメよね・・・ってことでいろいろパラメータ追加しました。

  • price: 価格
  • currency: ‘jpy’等、通貨種別の3文字(usdとか)
  • email: デフォルトとなるメールアドレス
  • checkout_btn_text: 支払いフォームを出すボタンのテキスト
  • checkout_label_text: 支払いフォームの説明的なテキスト
  • address: 住所入力するか “1” とか入れると住所入力(請求・送付が同一)、無指定でなし
  • ship_address: 送付先住所入力するか “1” とか入れると住所入力(請求・送付が別)※こちら優先
  • form: フォームの中のボタンとして使う場合 “1” とか入れるとフォームタグが出ない

Stripe Payment プラグインのテストです。

 

このように記述すると下記のように表示されます。


<li>12000円のもの![stripe_payment price=”12000″ address=”1″ currency=”jpy” checkout_btn_text=”支払い” checkout_label_text=”支払う!”]</li>
<li>5000円のもの ![stripe_payment price=”5000″ ship_address=”1″ currency=”jpy” checkout_btn_text=”支払います!” checkout_label_text=”支払う!”]</li>
<li>3000円のもの ![stripe_payment price=”3000″ email=”hoge@example.com” currency=”jpy” checkout_btn_text=”支払うよ” checkout_label_text=”支払う!”]</li>


  1. 12000円のもの!
  2. 5000円のもの !
  3. 3000円のもの !

あと、フォームの中でってやつはこちら

<form method="get">
お名前: <input type="text" name="お名前" value=""/>
年齢: <input type="text" name="年齢" value=""/>
3000円です。[stripe_payment price="3000" form="1" currency="jpy" checkout_btn_text="フォーム送信" checkout_label_text="入力してください"]
</form>
お名前:
年齢:
3000円です。

こちら送信してみるとわかるのですが送信URLを見てみると・・・

?お名前=ああああ
&年齢=14
&nonce=5f93cbcbaf
&stripeToken=tok_1Bdsl7FlXz0vpAiv0O0QavwE
&stripeTokenType=card
&stripeEmail=hoge%40example.com

という感じのリクエストが発行されますのでこちらを利用して
functions.php で処理を追加できるようにしています。
フックを仕込んでますのでそちらは公開のときにまとめて・・・・。

テスト課金ですので安心してお試しください。

テストクレジット番号: 4242424242424242
年月及びコードは任意の未来日及び任意の数字でOKです。

というやつを只今製作中でございます。

メールテンプレートも {お名前} などのようにするとフォームの項目内容を使えるようにしています。

送信までは出来てますが管理画面 UI がまだボロボロで見せるに耐えないので・・・まだです。

今後の展望

いろいろ整理すれば出せるかな・・・というところまで来ていますが、こういうのって作れば作るほど自分のなかに「欲」も出てくるんですよね・・・。
ほどほどで出したいと思います。