この記事の所要時間: 39

WordPressの記事上で支払いできるようにしたい

WordPressの記事上で簡単に支払いフォームが出来たらな・・・という発想で作っていたんですが
出すだけならともかくいろいろあって本日の記事まで間に合わなかった・・・
実はこの記事は Stripe の アドベントカレンダー に参加しています。
ぜひ他の記事も参考にされてください。

Stripe Advent Calendar 2017 - Adventar
https://adventar.org/calendars/2339

Stripe ( https://stripe.com/jp )について、SDKなどの技術的なことからビジネスなことまで自由に書くカレンダーです。

このプラグインを作るにあたり参考にした文献をまずご紹介します。

checkout.js の表示について迷ったのでこちらが参考になりました。

もちろん Stripe の API リファレンスも・・・(英語です)

Stripe API Reference
https://stripe.com/docs/api

Complete reference documentation for the Stripe API. Includes representative code snippets and examples for our Python, Java, PHP, Node.js, Go, Ruby, and .NET client libraries.

使用を想定している場所

ECサイトのような感じで商品を中心とした記事を作成して商品カタログのようになった WordPress 上に決済を入れたい場合。

カートではないので1商品入魂で販売される場合は手っ取り早いようにしたいなぁと。

ランディングページとかいいですよね。

・・・ってことで。

Stripe Payment プラグインのテストです。

 

このように記述すると下記のように表示されます。


<li>12000円のもの![stripe_payment price=”12000″ currency=”jpy” checkout_btn_text=”支払い” submit_btn_text=”支払う!”]</li>
<li>5000円のもの ![stripe_payment price=”5000″ currency=”jpy” checkout_btn_text=”支払います!” submit_btn_text=”支払う!”]</li>
<li>3000円のもの ![stripe_payment price=”3000″ currency=”jpy” checkout_btn_text=”支払うよ” submit_btn_text=”支払う!”]</li>


  1. 12000円のもの!
  2. 5000円のもの !
  3. 3000円のもの !

テスト課金ですので安心してお試しください。

テストクレジット番号: 4242424242424242
年月及びコードは任意の未来日及び任意の数字でOKです。

というやつを只今製作中でございます。

今後の展望

メールのテンプレートを作ってメール送付するところまで出来たら展開しようかなと思ってます。
今のところ 公式 WordPress プラグイン は想定していませんが、無料で公開しようと思ってます。

なんとか完成させたい!!!