この記事の所要時間: 54
2016/6/29 PAY.JPのPAY ID支払いについて追記しました。

現在 PAY.JP を Welcart で利用出来るようにするプラグインを作ってます!

で、いろいろプログラミングしておりましてこんなことが浮かんできました。

「WebPayのいいところ」
「PAY.JPのいいところ」

両者のどちらかにしよう・・・って思った時の参考になるように書いてみます。

WebPayのいいところ

はじめに、「いいところ」ってなってますが、メリット・デメリットではなく「こういう風に使うならいいよね」っていうところを紹介したいと思います。

年単位の定期課金が出来る

これはもう現在の機能で・・・っていうことになりますが、現在PAY.JPでは年単位の定期課金は出来ません。
なので年単位での定期課金やるなら「WebPay」って選択になります。

年会費制の会員サイトとか年間いくらのサービスを提供している場合に良いと思います。

定期課金の日付指定と初年度も固定費用

これ、タイトルがなんだかわからないですが、こういうことです。

定期課金で ○日決済 っていう日付が指定できます。
月額定期なら 毎月 17日 とか
年額定期なら 毎年 4月1日 とか 設定が出来るんです。
ここまではPAY.JPも同じですが、WebPayの場合は
「次の指定日に初めて課金するか」
「とりあえず本日課金するか」 の指定が出来ます。

固定金額にて決済するというのがミソだと覚えていてください。

ちょっとわかりにくい例になりますが、福岡商工会議所さんがこういう感じです。

毎年4月1日にその年の4月〜翌年3月までの年会費が引き落とされます。
で、新規入会が9月だとしても 4月〜3月 の年会費を支払うんですね。
会費の月割はできないとなっています。

まさにコレ。

PAY.JP のいいところ

こちらも「いいところ」となっていますが、こんな時にはこっちが良いかもってことで読んでください。

PAY IDでの支払いができる!

PAY IDって・・・

PAY ID決済

PAY ID決済とは、PAY ID(PAY.JP アカウント)をもっている人であれば、メールアドレスとパスワードだけで支払いができるようになる決済機能のことです。 すでに BASE などの事業者で運用されており、数万の購入者に利用されています。

PAY.JPのPAY ID決済説明ページより

これはちょっと魅力的かもしれません。
このサイトに登録していない非会員の方でもPAY IDを持っていればそのメールアドレス+パスワードで買い物ができてしまいます。

今回作ったプラグインはこのPAY IDでの決済も対応しました。

WebPayよりも決済手数料が安いブランドがある

VISAとMaster Card においては 決済手数料が WebPayの 3.25% に比べて
3.0% とお安くなっています。

しかーし!逆に JCB,American Express,Diners Club,Discover においては 3.6% と
WebPayの同ブランド(Discoverは除く)に対する決済手数料は 3.4% となっています。
また、月額9,800円のプロプランではVISA,Master Cardが2.69% と商売の規模によってはWebPayのほうがお得になるのでよーく考えてください。

定期課金の日割計算が出来る

たぶん、WebPayとPAY.JPのどちらを使うか・・・っていう最大の違いはこれじゃないかなって思います。

PAY.JPの方は定期課金において日割計算で初回の料金を払うことが出来ます。
日割計算は課金日を設定した場合にのみ有効です。

たとえば 月額1000円のサービスに申し込み 2日が課金日とした場合で 6月28日に定期課金で申し込んだ場合
次の課金が 7月2日で その間4日しかありません。

その場合は 1000円×4日間÷30日(6月2日〜7月2日の間の日数) で 133円(小数点以下切り捨て) が初回に課金されます。

・・・ただし、日割計算にしない設定にしてしまうと初回課金日までは支払が無い(無料期間)になってしまうのでご注意ください。

そうそう、トライアル日数っていうのも決められるのもPAY.JPの良いところです。

トライアル日数を5日ってしておくと例えば先ほどと同様の日付で計算すると 次回課金が 7月3日になるので初回の支払は0です。
ちなみに・・・テストがまだ出来ていないので 7月3日にいくら課金されるのか・・・は今のところわかりません。
こういった情報もっと欲しいな〜PAY.JPさん。

ただ、年間の定期課金はないので最大30日の日割課金って感じでしょうか。

日割課金にしないと初回の課金が無いのだけは重ね重ね注意点です。

総じて

結局どちらも素晴らしいプロダクトです。

普通に商品を売る通常の課金であればどちらも大差ないと思います。

上記のような定期課金に特徴がそれぞれありますのでその辺でジャッジになるかな。

現在作っている PAY.JP on Welcart プラグインでもこの辺を注意してプログラムしてます。
日割計算額をお客さんメールに記載するところまでは出来てます。
今のところ定期課金で初回日割計算っていう部分がWelcart上とPAY.JP上で差異が出るので注意です。

定期課金をWelcartに反映するっていうのは課題かな・・・。
とにかく PAY.JP on Welcart 7月初旬〜中旬に発売開始予定ですので、よろしくお願いいたします。

PAY.JPはこちら

PAY.JP
https://pay.jp/

様々なサービスにクレジットカード決済を無料で簡単に導入できる開発者向けのオンライン決済サービスです。シンプルなAPI・多彩な機能、分かりやすい料金形態のもと開発者であれば、WEB・モバイル・IoTなど様々なシーンで、通常決済や定期購入決済などを導入することが可能です。

WebPayはこちら


https://webpay.jp/