この記事の所要時間: 543

EC-CUBEのクレジット支払いをWebPayでやりたい場合、以前記事で書いたモジュールが役立ちます。

スポンサー広告 株式会社ジーティーアイ

EC-CUBE に WebPay を追加する

EC-CUBE は WebPay が使えるんだ〜

こちらの記事で紹介していたのですが、「やってみよう」で終わっているので今となってはどうやったか定かではない。

あらためてスタート!

今回、CPIのACEプランでやります。

CPIでSSH

方法は割愛・・・します。

で、最終的に言うと phpコマンドが使えない・・・?? のか私が勉強不足のため 上記リンクの内容ができなかったので断念。

・・・とりあえずその他の方法で考えました。

スポンサー広告 WordPress のカスタマイズは株式会社ジーティーアイ

VPSサーバーでとりあえずテストEC-CUBEにモジュール入れてみた

他で借りているVPS(さくらインターネットのVPS)で同じことをやりました。

mdl_webpay アーカイブを解凍して /data/downloads/module/mdl_webpay に配置します。
この時ダウンロードしてきたものは mdl_webpay_master とかになっているのでリネームします。

で、VPSにSSHで接続


# cd /path/to/eccube/ data/downloads/module/mdl_webpay

# php /usr/local/src/composer.phar install --no-dev

これでこんなん出ました。


Loading composer repositories with package information
Installing dependencies from lock file
- Installing symfony/event-dispatcher (v2.5.6)
Downloading: 100%

- Installing guzzle/guzzle (v3.9.2)
Downloading: 100%

- Installing webpay/webpay (2.1.1)
Downloading: 100%

Generating autoload files

その後、 mdl_webpay の install_webpay.php を起動するのですが、ここからは CPI でやるために一度「mdl_webpay」をディレクトリごとダウンロードします。

そして、ダウンロードしてきた mdl_webpay をCPIの同じようなところへアップロード!

/data/downloads/module/mdl_webpay
こんな感じのところですかね。

そしたら・・・ここがまた大変なんですが、mdl_webpay/install_webpay.php のパスを修正します。

もともと

/**
 * This file is part of EC-CUBE WebPay module
 *
 * @copyright 2014 WebPay All Rights Reserved.
 */

require_once '../../../../html/require.php';
require_once(MODULE_REALDIR . 'mdl_webpay/inc/include.php');
require_once(MDL_WEBPAY_CLASS_REALDIR . 'models/SC_Mdl_WebPay_Models_Module.php');

となっている部分を下記のように変更します。

/**
 * This file is part of EC-CUBE WebPay module
 *
 * @copyright 2014 WebPay All Rights Reserved.
 */

require_once '/usr/home/(あなたのID)/html/require.php';
require_once(MODULE_REALDIR . 'mdl_webpay/inc/include.php');
require_once(MDL_WEBPAY_CLASS_REALDIR . 'models/SC_Mdl_WebPay_Models_Module.php');

※インストール方法によってrequire.phpの位置が違いますので確認して適宜修正してください。

そのあと、このファイルにアクセスするPHPを作ります。

ファイル名はテキトーで良いので下記を書いたPHPファイルをアクセスできるところにアップロード。

<?php
include_once('data/downloads/module/mdl_webpay/install_webpay.php');

仮にこれを webpay_install.php にしたとしたらこれにブラウザからアクセスします。

すると・・・
eccube_webpay
こーんな感じでインストールされたっぽい画面になりますので説明のとおり
https://〜ECCUBEのアドレス〜/admin/load_module_config.php?module_id=XXXXX にアクセスしてみます。

ECCUBEのWebpay管理画面

ここに 公開可能鍵 と 非公開鍵 のAPIキーを入力します。
なぜか 「非公開鍵」→「公開可能鍵」の順に入力させられますので間違えないでください。

WebPayの管理画面通りいれてしまうとJSONPがどうのこうのっていうエラーになります。

「購入時の支払処理」はどちらでも良いですが、私なら即時にします。

あとは支払方法設定画面を見ると「クレジット決済」があるので確認してください。

支払方法追加画面

それを配送方法設定の配送業者で追加してあげればOKです!!

配送方法設定 配送業者設定

これで現れますよ〜〜
クレジット決済追加できた

購入を進めていくと最後に決済できるようになってます。

決済画面

こちらが表示されてテストカード情報でテストします。
WebPay 決済画面

テスト用カード情報は こちら

で、で、で、できたーーーーー!
決済完了!お疲れさまでした。

これで完了です。

最後に大事なWebPayでの売り上げ確認

今回はテスト環境なのでテストの方をみました。
WebPayで売り上げ確認

今回、私の備忘録的に書きましたが、EC-CUBEの最新版はもうEC-CUBE3ですよね。
そろそろ移行していかないといけないなーーーと思いながらなかなか腰が重い。