この記事の所要時間: 142

しすてーーーーーむかいはーーーーつ!

ぎゃー!
※まさに今のオレ(笑)

忙しくなるといつも考える思考(現実逃避)

「音楽的職業」と「絵画的職業」

ヒマが出来たのでちょっとまとめてみた。

なにそれ!?
と言わずにちょっと付き合って(笑)

仕事で忙しくなると・・・特に締め切り間近・絶体絶命!になると思うこと。

あああ、「絵画的職業」だと仕事に追われる〜!ってこと。

絵画的って言ってるのは・・・つまりこういうこと。

絵画的職業

絵画ってその場で完成させるヒトいませんよね。
最近では「さとうたけし」さんって私と同姓同名の方が「ライブペイントアクト」っていう
ライブペイントをやっていますが、まれです。

基本は「影で」(失礼)、絵を書いて発表します。

仕事で例えるなら 建築家さん、デザイナーさん、企画練っているヒトとか、プログラマ、設計しているヒトも含めてこっちがわとします。

音楽的職業

音楽っていうのはその場で演じることを魅せる職業です。

まぁ、影で人知れず練習・・・や、レコーディングのような作業もありますが、基本的に、時間が来れば終わりの職業をさします。

販売系の方、マッサージ師、美容師、ミュージシャンがこっちがわとします。

どっちがいいとかないですよ。

もちろん。

そして、だからなんだ…ってことも無いんですけどね。

こういう風に考えると、なんだか面白いし。
常に絵画的仕事な私は音楽的仕事をしたくなってきます。

例えば、セミナー講師とか即興システム開発とか(謎)

そして、こう見えてもその昔、原宿でホコ天っていうのがまだあった頃、バンドやってたんですよ。

むしろ、それがメインで音楽で飯食うために上京したくらいです。

証拠写真はGoogle+のプロフィール(笑)
Google+ 佐藤 毅

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で