WordPressのURL自動補完を止める
この記事の所要時間: 126

WordPressで実際には作っていないはずのURLなのに、もっともらしい記事を表示してしまうことがあります。

これは、URLが似通っているページを自動的に出してくれている機能によるものなのですが、これがわずらわしいときがあります。

停止の仕方

この機能は redirect_canonical によって処理が行われているのでそれを止めればよいということになります。

redirect_canonical

https://elearn.jp/wpman/function/redirect_canonical.html

上記の記事で処理はわかると思います。

これを止めるにはこのコードをテーマの functions.php 等に入れてみましょう。

function disable_redirect_canonical( $redirect_url ) {
  if( is_404() ) {
    return false;
  }
  return $redirect_url;
}
add_filter( 'redirect_canonical', 'disable_redirect_canonical' );

NxWorldさま、ありがとうございました!

これで自動補完が止まる・・・はず。

このブログでは入れてません。

なので補完される…はずw

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で