WordPress 5.5がやってきた!
この記事の所要時間: 153

WordPressにログインしてみたら・・・

WordPress の新しいバージョンがあります。

という表示が!

バージョン 5.5 が来ました!!

早速アップデートしよう… 完了!

WordPressについてを熟読…

スピード、SEO、セキュリティ

それぞれアップデート内容がありました…

とくにセキュリティの内容が良かった。

ZIPファイルをアップロードして更新

ZIPの更新ファイルをアップロードすると今まではインストールしか出来なかったのが、「更新」も出来る…ってことです。(よね)

後ほど試してみよう!

テーマ販売しているとこの機能があればラクに更新出来るかもしれない。

プラグインも…

いろいろ関わっているプロダクトで試してみます。

開発者の方へ

「開発者の方へ」項目もおもしろいのがありました。

テンプレートファイルへのデータの受け渡し

こんな記述がありました。

テンプレートロード関数 (get_header()get_template_part() 等) に新しい引数 $args が追加されました。テンプレートに配列そのままのデータを渡すことができます。

WordPress 5.5 の「WordPressについて」より

これによって get_header() などで今までは global 変数とかで受け渡していた(参照できるようにしていた…って方が正しいか)パラメータを確実に渡せるようになる!ってこと!?

これもテーマによっては使う方の環境が限られてしまうからプロダクトとして利用するのはまだ先になると思いますが、業務ではどんどん使っていけると思います。

とてもラクになりそう。重宝しそう。

素晴らしい!

その他

PHPMailerのバージョンアップや各種ライブラリのバージョンアップも書いてあります。

まとめ

今回のアップデートはかなり劇的に変わりそう…

プロダクト的にラク出来そうなものもあるし、業務でラクできそうなものもあり…

検証しながら楽しんでみます!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で