この記事の所要時間: 21

WordPressサイトを構築し納品する際、気がかりなのは・・・

ユーザー権限のこと。

管理者権限でお渡しすると意図しない操作を実行され・・・※テーマをインストールしちゃう・・・とか。
表示が崩れました・・・っていうか全く違いますよねぇ!?って(笑)

でも、投稿者・編集者では痒いところに手が届かない・・・っていうことありますよね。

そんなとき user role editor などで詳細設定してあげるのも時には必要かもしれませんが

「その中間みたいな権限があればそれでいいのに!!!」
っていうときに重宝するのがこのプラグインです!!

↓↓

WP Total Hacks – 20項目以上のカスタマイズができるWordPressプラグイン
https://firegoby.jp/wp/wp-total-hacks

作った本人が言うのも何ですが、かなりオススメなプラグインを作りました。 このプラグインは、多くの上級開発者がf…

20以上の機能があるので、それぞれ便利に利用出来るのですが
私は上記の中間権限(?)である 「ウェブマスター」権限を追加出来るのが気に入っています。

たとえば「ウィジェット」機能。
これは「外観」メニュー下にあるので外観を表示させないといけません。

でも、そこには「テーマ」が・・・
テーマは変更出来ないけど、ウィジェットは追加出来る権限・・・
それが「ウェブマスター」です。

※弊社テスト環境でのテスト結果です。

これはサクッと出来るので大変助かります。

他にもこんな機能が!!!
functions.phpに記述していたところもこれがあれば、OK!
※引用です。

favicon.icoの設定
管理画面ヘッダーのWordPressロゴの変更
管理画面フッターのテキストの変更
ログイン画面のWordPressロゴの変更
不要なMetaタグの削除
投稿ページ上のメタボックスを個別に選択して削除
ダッシュボードウィジェットを個別に選択して削除
リビジョンの保存件数の選択機能
自動セーブの無効化
セルフピンバックの停止
デフォルトのメールアドレス(wordpress@example.com)のカスタマイズ
Admin以外のユーザーに対するアップデート通知の無効化

[adsense]

お、結構前から入れていたけど、今発見した機能もある(笑)

これを導入してお客様に「ウェブマスター」権限で操作していただく。

これで幸せになれる・・・かも。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で