この記事の所要時間: 40


法人銀行口座開設できました。

昨日、法務局へ行って「登記簿謄本(履歴事項全部証明)」と「印鑑証明書」を取得してきたので、本日やっと口座の開設に行きました。

必要書類等、書き残しておこうと思います。

西日本シティ銀行

西日本シティ銀行

まずは、地元の銀行!ということで会社の所在地のすぐそばにある西日本シティ銀行 雑餉隈支店にて開設を依頼しました。

必要なモノは下記の通り。
「登記簿謄本(履歴事項全部証明)」
「印鑑証明書」
「代表者の身分証明」→免許証を持参しました。
「会社代表者印」
「会社銀行印」
(この他、自分の個人口座から資本金の振替をしてもらったので自分の通帳と印鑑も持参しました。)

今回「定款」は不要でした。

窓口のお姉さまに「法人の口座の開設をお願いします」というとちょっとした「相談窓口」的なところへ通されました。
そして、書類の確認と必要事項の記入を行いました。
今回、インターネットバンキングも申し込みました。個人だと無料ですが、法人だと月額1050円かかるとのことでしたが、初期6ヶ月はお試し無料期間でしたのでお願いしました。

で、所要時間20~30分。

法人口座が完成しました!

こちらをメインバンクとして使っていこうと思います。

で・・・、一応全国で仕事するのでメガバンク・・・とも思いましたが、ここは全国にある「ゆうちょ銀行」での開設をお願いしました。

ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行
こちらはキチンとウェブサイトに法人口座開設の必要書類がありましたので、そのまま持参しました。

法人口座を開設されるお客さまへ-ゆうちょ銀行.

(1) 法人の履歴事項全部証明書(原本)※
(2) ご来店者の公的な本人確認書類(運転免許証・各種保険証等)
(3) ご来店者と法人の関係を証する書類(社員証等)
(4) 法人の印鑑証明書(原本)※
(5) (主要)株主名簿または(主要)出資者名簿
(6) 次の書類のいずれか(設立後6か月以内の法人に限る)
   ・所轄税務署あての法人設立届出書(控)
   ・所轄税務署あての青色申告承認申請書(控)
   ・主たる事務所の建物登記簿謄本(現在事項証明書)(原本)※
    または主たる事務所の賃貸借契約書(原本)

※いずれも発行日から6か月以内のものに限ります。

これ全部です・・・多いっすよね。
(3)については自分自身が代表取締役または取締役であれば(1)の法人の履歴事項全部証明書と(2)の公的な本人確認書類が(3)を証明してくれているため(3)単体としては不要です。ただし、一般社員が申請に行く場合は「社員証」や「代表取締役の委任状」等が必要みたいです。(「名刺」はどうなんだろう・・・不可と書いてあるブログ記事が多いです。)
(6)については昨日各税務署に行ってあったので「博多税務署」の法人設立届出書の控えを提出しました。

で、こちらはこのまま開設とはならず、「2週間ほどの審査後、通帳・カード・暗証番号その他をそれぞれ郵送します」とのこと。
とりあえず待ちますかね・・・

あと、インターネット関連の事業なのでネットバンクも必要です・・・
ということで、個人口座を先日作ってあった「住信SBIネット銀行」に申請してみました。

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行
こちらは郵送での申し込みで、「口座開設申込書」を印刷するか請求するかして受け取り、必要事項を記入してから
下記の書類を添えて申し込みます。

・登記簿謄本(履歴事項全部証明)
・印鑑証明書
・本人確認書類(免許証のコピーなど)

こちらも郵送後、10日前後でカードが郵送されてくるとのこと。
ただし、こちらは会社と担当者(代表者)の自宅にも「確認書類」が送付されてくるので、ちょっと手間がかかります。

楽しみに待つことにします。

余談ですが、とりあえずメインバンクの口座が開設出来たので業務用携帯としてソフトバンクのiPhoneを契約しました。
こちらは必要書類として下記の通りのものが必要です。
・登記簿謄本(履歴事項全部証明)
・印鑑証明書
・本人確認書類(免許証)
・本人と会社の関係がわかるもの(名刺)・・・これって代表者が来てるんだから登記簿謄本に名前書いてあるからわかると思うんだけどマニュアル的に提出させられました。

あと、クレジットカードか口座(銀行印)が必要なので、さっそく先ほど作った通帳を出して、手続きに入りました。

・・・いろいろなプランの説明等あったんですが、法人の契約は初回すんごく審査に時間がかかるとのことで全部で1時間程度かかりました。

で、晴れてiPhoneユーザになりました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で