この記事の所要時間: 325

そういえば最近ずっと VALUE-DOMAIN の CORE SERVER から離れていたようですっかり忘れていました。

最近CORE SERVERでまた構築の依頼があり、メディアアップロードやプラグインのインストールなどをやろうと思ったときに

「ん??あれ???」

となってしまったので忘備録に書いておきます!!

<files async-upload.php>

AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php

</files>

<Files upload.php>

AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php

</Files>

<Files media-upload.php>

AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php

</Files>

<Files plugin-install.php>

AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php

</Files>

<Files plugin-editor.php>

AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php

</Files>

<Files update.php>

AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php

</Files>

<Files update-core.php>

AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php

</Files>

<Files theme-editor.php>

AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php

</Files>

<Files plugins.php>

AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php

</Files>

<Files theme-install.php>

AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php

</Files>

<Files themes.php>

AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php

</Files>

<Files admin.php>

AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php

</Files>

# protect wp-config.php

<Files wp-config.php>

Order deny,allow

deny from all

</Files>

これを「.htaccess」というファイル名で保存し
WordPressのインストールディレクトリ直下(wp-config.phpと同ディレクトリ)に置いてください。

.htaccess がすでにある場合はこの内容を追記します。

もともと CORE SERVER のPHPはセーフモードで動作するためディレクトリ作成とかパーミッションを操作したりする必要があるため
このファイルでアップロードやインストールなどのディレクトリ操作を伴う処理はCGIモードで行うようにしてしまおうってことなんですね。

自己責任でご使用ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で