この記事の所要時間: 248

Throws SPAM Away 2.6.6

WordPressプラグイン「Throws SPAM Away」バージョン2.6.6 リリースしました。

Throws SPAM Away
https://wordpress.org/plugins/throws-spam-away/

スパムコメントを無視して何もなかったように捨てる強力スパム対策プラグイン

今回のバージョンアップポイントは下記の通りです。

 スパムフィルタを自身で設定できるように変更しました。
 選択肢「bsb.spamlookup.net, bsb.empty.us, list.dsbl.org, all.rbl.jp」
 及び自由記入欄にてカンマ区切りでサービスのURLを入力できます。
 ※記述に誤りがありますと通信が返ってこないためコメント出来ない可能性がありますのでご注意ください。

 スパムデータベースの最小保存期間を 7日から 3日に変更しました。

 プラグイン作成者のwordpress.orgネームが間違えていた(IDにしていた)ためプラグインページにプロフィールリンクが
 表示されていない大変寂しい結果になっておりました。今バージョンより修正いたします。

実は、スパムフィルターとして利用させていただいておりました
「すぱむちゃんぷるー」ですが、2013年5月31日でサービス終了のアナウンスがあったまま
利用させていただいていた・・・という次第でして。

参考記事:http://blog.livedoor.jp/edge_labs/archives/1791613.html

それゆえいつかサービスが本当になくなることも予想出来る(というか遅いくらい)ことでしたので
2014年中になんとか・・・ということで今回リリースに至りました。

今回のバージョンからスパムフィルターは4つの選択肢から選択及び自由に記入いただけるようになりました。

選択肢は「bsb.spamlookup.net, bsb.empty.us, list.dsbl.org, all.rbl.jp」から自由に選択出来、プラスご自由に記入出来るように入力欄を設けました。
 これらの「選択肢」「自由記入欄」はリストとしてミックスされフィルタとして利用することになります。

これによって自由欄に「dnsbl.spam-champuru.livedoor.com」をご記入いただくことで「すぱむちゃんぷるー」も利用出来るようになっておりますが、推奨いたしません。

今回のことでわかったこと・・・なんですが、スパムフィルタをONにしなくても、そこそこのクオリティでスパムをスルーしているのがあらためてわかりました。

そこで今回バージョンから再度・・・ではありますが「スパムフィルタの利用」をデフォルト:OFFに変更いたしました。

スパムフィルタの利用はコメント投稿がある度に問い合わせるというトラフィックがかかるためしなくて良い環境であれば「しないほうが良い」ということも言えると思います。

そこで今回デフォルト値の設定変更に踏み切りました。

ずっとご利用の方は設定がいままでのままですのであらためて設定を見なおしてみてください。

どうぞよろしくお願いいたします。

いつもご利用ありがとうございます。

スポンサーリンク