この記事の所要時間: 222

子ども用に iPhone5S があります。

最近は、電池がすぐなくなってしまうため、結局私のスマホを奪われるハメになりがちでした。

そこで、もう壊れてもともと、ダメでもともとで電池交換してみようと思ってやってみました。

用意したもの

Amazonさんで買ったバッテリーと交換キットのセット

あとは電池保ちがわるくなったiPhone5Sだけです。

一点、ご注意いただきたいのですが、この商品の電池を推奨しているわけではありません。

Amazonの商品の中でもレビューなどを見て相対的に判断いたしました。

本家のアップルさんや電池交換をやっているお店などに出して電池交換していただくのが最良の手段ですので、ご理解の上でお読みください。

今後も電池保ちなどご報告させていただきます。

交換キットが来た

…箱とか質感が悪くないw
バッテリーはこれ…
キット内容です。

細かい作業がこのあと待ってる感じのキット内容です。

この時点でちょっと後悔w

実際の電池交換はこれ見てやりました。

電池交換の様子…と言ってもこれを見てやっただけ

基本的にはこの動画の通りやりました。

この中でも、やばかったところを中心に書いてみます。

オープン!iPhone5S

まず初っ端からやってしまいました。

開けるときは注意して

…とあるのに吸盤引っ張ったら いきなり

パッカーン

コネクタとそのフタのような部品が一気に取れてしまいました。

やべええ!!切れた!!!???

と思いましたが、外れただけだったので安心しました。

※作業は慎重に!!!絶対!!!

指紋認証ボタンのコネクタのカバー

もうこの作業はYoutubeをご覧いただくとして、注意としてはこの部品がやっかいです!!ということを覚えていただければと思います。

最終的には下の写真の位置にハマるはず・・・(途中経過w)

なんとか作業を終えて、この記事を書いてますが、このあともバッテリーの保ちとか熱くならないか…とかご報告したいと思います。

こころなしか…

こころなしか交換前より画面が明るくなった気がします。

気がするだけ…ですが。

なんか画面浮いてない??

画面が浮いている!?ような感じがしたので注意しながらもう一回開けて閉じ直しましたw

もうやりたくないww

最後に

この作業、絶対おすすめしませんので、「この記事見てやったら…」みたいなことは言わないようお願いいたします!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で