この記事の所要時間: 113

Throws SPAM Awayの日本語以外NG、URL制限、NGワード、必須キーワード、IP制限が画面から設定できる!

Throws SPAM Away バージョン 2.7.1 で外部からこのスパム対策クラスを利用できるようにした場合、Throws SPAM Awayの設定がそのまま効くようにした・・・と書いたのですがサンプルコードがないと意味がわからないと思いまして
Qiitaさんに記事を投稿しました。

WordPressプラグイン MW WP Form に Throws SPAM Away を使ったバリデーションを設定画面から設定する - Qiita
http://qiita.com/gtijp/items/9acd3cc75e2d1810c164

前回、「WordPressプラグインThrows SPAM Awayを使ってMW WP FormにNGワード指定などのバリデーションを追加する方法」というタイトルでMW WP Formに「NGワード」のバリデーションを追加する方法を書...

こちらの記事を参考に是非試してみてください。

今回は MW WP Form に特化して書いています。
私が常に使わせていただいているからという理由だけです。

面白い使いかたが浮かびました。
・「必須キーワード」チェックを使って「クーポンコード」を入れさせるとか
・「NGワード」チェック・「URL制限」チェックを使ってスパムメールを減らすとか
・普通にスパムコメント入れるようなIPはそもそもメールフォームも使うな!とか

応用が効きますのでぜひご覧ください。

コード的には「Throws SPAM Away」を使わなくても MW WP Form に独自のバリデーションを入れたい方には使いやすいサンプルになってますのでご利用くださいな〜。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で