この記事の所要時間: 048

とあるところで逆seoをしている業者の話を聞いた。

真偽が定かでないのと、私自身が被害者ではないのでここでは何も書きませんが、下記リンク先の話。

ほぼ完璧と言ってもいい逆SEOのお手本のような事例とコツ。(失敗例も追記済み)
http://dame3212.net/2013/11573.html

逆SEOのコツは検索でネガティブな情報を得ようとする人の、検索キーワードを必ず使う。例えば(社名・ブランド・人名・サイト名)+「詐欺」とか。あえて想定できるネガティブなキーワードを使うことがポイントのようです。

ヘェーーー
こんなことできるんだね。

要するにこんな手法。

ジーティーアイ詐欺
で検索されても良いように

グランド ティーチャー インタビュー(ジーティーアイ)の詐欺

のようにあたかもジーティーアイは何かの略であるかのように偽装。 

グランド ティーチャー インタビュー(ジーティーアイ) 詐欺の美しい風景

とかバカバカ強いタイトルの動画コンテンツやブログ記事を量産。 

すると
ジーティーアイ 詐欺 としても
ジーティーアイはグランド ティーチャー インタビューのことになってしまう。 

トラックコレクター…よく考えたねぇ。しかし。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で