この記事の所要時間: 138

こんなこと、あるんですねぇ。

奈良県の「遷都サイト」制作費7,000万円かけたのに公開することなく閉鎖。URLは秘密・・・

サイトの制作、システムの開発ともに受注者あってのお仕事なのでいた仕方ないですが。

少なからず私も日の目を見ない仕事がありますが、金額が金額ですから、もう少しまともな言い訳とか、なんとかならないものですかね。

これ、作った業者って入札だったんでしょうね。
そういう場合、「弊社で作成しました!」ってあまり口外出来ないんでしたっけ?
・・・一部、東京の大手広告代理店っていう話はありますが。

URLは秘密・・・実在したかもわからないっていうのは謎すぎる。

narapedia っていうキーワードがあるけどこのあたりでドメインとってないのかな・・・

実在したならばWebArchiveで保存されていないかな・・・
でも、本当は無いものは探せませんよね・・・

実在したならばもうすでに廃墟だとしてもURLを明示する必要はあるのではないでしょうかね。

いずれにしても・・・・

※以下、引用

制作は東京の大手広告代理店にプロポーザル方式で委託した。

・・・という会社の報告と

県国際課は、サイトが公表に至らなかった理由について「当時の県の担当者から聞いていない。あらためて確認する」とした。

ということだそうですから、こちらの報告を待ちましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で