この記事の所要時間: 427

Play Frameworkを使ってみる vol.1 を読んでない方はこちらもどうぞ! → Play Frameworkを使ってみる vol.1

PlayframeworkをEclipseでやってみよう!と思ったところから続きます。

vol.1 で作ったりしたパスを通してコマンドプロンプト上げるバッチで起動するか。
コマンドプロンプトたちあげて

set path=%path%;c:\dev\play;

としてからvol.1で作ったアプリケーションのなかに移動して

cd c:\dev\workspace\playsamp\app
play eclipsify

こんなコマンド一発で Eclipse に対応してしまうらしい・・・・

c:\dev\workspace\playsamp>cd app

c:\dev\workspace\playsamp\app>play eclipsify
[info] Loading project definition from C:\dev\workspace\playsamp\app\project
[info] Set current project to app (in build file:/C:/dev/workspace/playsamp/app/
)
[info] About to create Eclipse project files for your project(s).
[info] Updating {file:/C:/dev/workspace/playsamp/app/}app…
[info] Resolving org.hibernate.javax.persistence#hibernate-jpa-2.0-api;1.0.1.Fin

[info] Done updating.
[info] Compiling 4 Scala sources and 2 Java sources to C:\dev\workspace\playsamp
\app\target\scala-2.9.1\classes…
[info] Successfully created Eclipse project files for project(s):
[info] app

で、エクリプスにインポート!

  • パッケージエクスプローラで右クリックし「インポート」選択
  • 「ルートディレクトリの選択」で「c:\dev\workspace\playsamp\app」を選択する
  • プロジェクトの窓に「app(c:\dev\workspace\playsamp\app)」が表示されチェックされていればOK
  • 「完了」ボタン押して終了

うわー簡単だ。

だが、しかし・・・

私の環境では[playframework]で検索して出てきた記事に沢山書いてある通りの「eclipse」フォルダが出来ていない・・・
これは、バージョンの違いか?現在のplayframeworkに関する記事に出てくるバージョンはほぼ1.2とかが多くてよくわからん。

多分、2.0では出来ない・・・んだろう。

と思ってすすめるか・・・

遠分はコマンドプロンプトから起動制御してやってみます。

次はソースいじって・・・っていうところを書こうと思っています。

このPlayのサンプルが同梱されているので見てみると面白いです。
~/play/samples のなかに

java と
scala が

あってそれぞれサンプルソースがあります。

補足事項

いろいろ調べて回ってたらやはり play2.0 ではeclipseディレクトリが作成されないようです。

こちらが参考になりましたのでご紹介させてください。

・デバッグ

ここちょっとハマりました。Documentには、launcherあるから、それ使えみたいな事が書いてあるんですが、

Play2.0では、launcherは作成されません。eclipseフォルダも作成されません。

Debug Playframework 2.0 in Eclipse – Stack Overflow

デバッグには、インポートしたEclipseのプロジェクトフォルダから

play debug run

でデバッグ起動をかけ、

Eclipseのデバッグの構成から、Remote Java Applicationを設定します。port9000でアタッチします。

これでブレークポイントは止まります。面倒・・・。play launcherみたいなプラグインあればいいのになー。

引用元: Play Frameworkをセットアップ – Narwhal.

Play Framework その他の記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で