この記事の所要時間: 158

すごーい!

この記事によりますとGMAILのメールアドレスは「.」ドットを入れるパターンと「+」プラスを入れるパターンで一つのメールアドレスから複数のメールアドレスを作り出す事ができます。

実は便利機能がいっぱい! 『Gmail』を使いこなす裏ワザまとめ
http://www.tabroid.jp/news/2014/05/gmail-summary.html

アカウント1つで、こんなにいろいろできちゃいます  Googleアカウントを取る...

 

ドットのパターン

例えば example@gmail.com というメールアドレスだとして(アットマークはわざと全角です。)

このパターンのメールアドレスが作れます。
e.xample@gmail.com
ex.ample@gmail.com
複数入れてもよろしいみたい
e.x.a.m.p.l.e@gmail.com

なんと続けて4つ入れてもメール届きました!
e….xample@gmail.com
なんか@の前にドットがあっても大丈夫だった・・・
e….xample.@gmail.com

+プラスのパターン

これは多少開発者の中では定番(?)少なくとも私も知っていました。
example+1@gmail.com
example+yahoo@gmail.com
これって+プラスのあとになんでも入れられますのでどこどこの会員登録にはこれっていうのを入れればすごく重宝しそう・・・・
ではあるのですが、「+」を登録メールアドレスの文字列として使えない・・・というところも多く運用するには限定付きです。

実際やってみた

実際のアドレスを公開するわけにはいかないのでやはりサンプルですが
元のアドレスが
ex.ample@gmail.com っていうドットが入っているっていうこともありますよね。
私のメールアドレスがそうだったんですが
ドットが元々入っている場合でも
同様でした。

この場合でも
e.xapmle@gmail.com でも届きました。
では、ドットを0個でも届くのかな・・・届きました。

もともとドットが入っているかどうかを関係なく登録判定しているんでしょうね。

すごいぞgmail!

元々こういう仕様で作っていないと絶対後からでは無理が生じるから出来ませんよね。

すごい!!設計が!