この記事の所要時間: 213

メールクライアント、何を使ってますか?

私はWindowsではもっぱら「Thunderbird」です。

もうすっかり市民権得ているメーラーですよね。

昔は技術者として現場に入るとたいてい「Outlook」(エクスプレスではない方)を強制されたものですが
現在ではむしろ「Thunderbird 使って下さい」っていう方が多いんじゃないかなぁ~。

このThunderbirdで便利なのが「アドオン」です。

スケジュール管理入れたりするとすごい便利。
参考サイト:Lightning

で、今回はそれは置いといて・・・

後で送信 :: Add-ons for Thunderbird.

このプラグイン、良いです!

インストールはThunderbird本体の

「ツール」→「アドオン」 から アドオン入手で「後で送信」で検索すると出てきます。

後で送信

これは、よく深夜作業してしまう私にはうってつけのプラグインです。

深夜作業していて終わったー!とか言って 5:00 にお客様にメール・・・
時間帯見て引かれそうですよね・・・。

そんなときにこれ、「後で送信」で9:00とかに設定しておけばその時間に勝手に出してくれています。
※PCの電源とネット環境は接続したままでないとダメですよ。もちろん。

メール作成のあと、「ファイル」から「後で送信」をクリックすると・・・

2014-02-22_054309

 

 

「このメールを後で送信する」っていうダイアログが出てきます。

2014-02-22_054332

 

これ、とってもすぐれものらしく

↓の図の通り、「来週火曜日午後3:00」のような形式でも良いらしいです。

2014-02-22_054435

 

とは言え・・・・ちょっとビビりながら「15分後」ってボタンを押してテスト・・・

このボタンを押すとそのまま「下書きフォルダ」に保存され15分後送信されるようになる模様・・・

するとメール自体に「x-send-later-at」っていうタグがついています。

2014-02-22_101019

 

そして、このメールを再編集しようとすると・・・

2014-02-22_100902

 

というメッセージが表示されます。

たとえば、このまま編集を続けていても定時になると勝手に送信されちゃう!ってことですね。

この辺は注意が必要です。

あくまでも編集するつもりない状態・・・・たとえば

「今から寝るからあとは頼むね!」って時に設定するのがよろしいようです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で