たばこください
この記事の所要時間: 234

Google AdSense から注意があった…

こちらの記事はタバコを勧めてるから広告出しちゃダメって

ほんとは「禁煙グッズ」を宣伝していて、それのアフィリエイトコード貼っているんですが、電子タバコもダメなんですね。

AdSenseのコードはテーマで設定していた

AdSenseのコードはテーマの方で出してたんですが、記事によって切り替えの機能がありません。

それでテーマの設定で入れていた AdSenseのコードをテーマのfunctions.php で制御するようにしました。

逆に出しちゃいけないページ以外は出すようにしたコード

設定から AdSenseのコードを外して functions.php で出すようにしました。

特定記事では出さないように投稿IDを指定して出さないっていうタイプです。投稿ID指定なので固定ページでも通常投稿でもカスタム投稿でもいけます。

// headタグ内に独自コードを出力
function my_custom_header(){
	global $post;
  if ( ! in_array( $post->ID, array( '11' ) ) ) {  // 表示したくない記事IDを指定してください 複数ある場合は array( '11', '12', '13' ) のように記述
  echo <<<EOM

<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<script>
     (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
          google_ad_client: "ca-pub-xxxxxxxxxxxxxxx", // 適宜変更
          enable_page_level_ads: true
     });
</script>

EOM;
	}
}
add_action( 'wp_head', 'my_custom_header' );

これでダイジョブだぁ…

一応このページも出さないようにしてみています。

タバコとか云々書いてあるし、あやしきものは罰しますよw

リライトで対応した記事のご紹介

こんな記事もありますのでリライトで対応し、Amazon の広告を切ったというお話です。

https://real-hunter.com/web/20180820-2.html

いや〜寒いっす

今日 1/23 福岡はちょっと暖かい感じですが、それでも寒いっすね〜〜

元気でいきましょう〜!

こたつむり

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で