キャッシュレス
この記事の所要時間: 734

Stripe という決済サービスを知っていますか?

日本国内にも多々ある決済サービス(ウェブ上でクレジットカードを使った買い物ができるようにするサービス)の中でも群を抜いて使いやすいサービスです!!!(言い切り!)

JP_Stripes というコミュニティ

日本国内16都市で 63回も開催されている 会です。

Stripe を実装するなら JP_Stripes に入っているとすごく勉強になりますし、質問があれば聞くこともできます!

当日のツイートを見るとすごい情報量であることがわかります。

↑ツイートまとめをご覧ください。

2019年10月16日に開催された JP_Stripes in 福岡 vol.5

実に1年ぶりの開催となりました。

今回は・・・2019年10月1日から消費税が 10% にアップ ということで、Stripeにおける消費税増税対応のお話しも聞くことが出来ました。

まずは… ビットフォレスト市川さん のセッションから

日本国内の なんちゃらペイメント から Stripe に移行した話

なんちゃらペイメント…についてはノーコメント(笑)

余談ですが、WebPay以前の国内サービスはすごく使いづらかったイメージがあります。

指定された固定IPアドレスからのアクセスしかダメだったり(そもそもそういう環境でアクセスできるところって限られてますよね)

審査に要する期間やたら長かったり…何をするにも書類書類…

そんな時代を経験していると Stripeは素晴らしいです。

しかし、Stripeを新規で入れるのならばともかく「既存の決済をStripeに移行する」ということをやろうと思った 市川さん。

しっかり事前に移行手順を確認したそうです。

それでも…紆余曲折の末、すべてのユーザーさんにクレジットカードの再登録をしてもらったそう…

聞くも涙。語るも涙。

しかし、Stripeに移行後は、Stripeの機能でプランを設定できたり(Stripe Billing)大満足だそうです。

また、管理画面でなんでもできるのはすごく便利とのこと。

APIのコールの確認もできるのですごく良いです。

また、これは私も大変助かっているのですが、「Stripeのドキュメントが素晴らしかった!」とのことでした。

市川さん、ありがとうございました!

Stripeの導入はすごくエンジニアに優しいと思います。
ドキュメントがしっかりしている…というのも、「サンプルコード」がすごく実践的なんですよね。

「これはこうすればいいです。」っていう答えがすぐに見つかる。

もう、他のサービス使いたくない!!!!!

お客さんから「○○○っていう決済使いたい」とかいう要望があっても、見積もりに差をつけてでも「Stripe」にしてほしいのが本音。

実際、見積もりに差は出ちゃいますよ。工数がまったく違いますから。

ありがたいことです。

消費税増税対応についてもありました。

続いて、株式会社イノベーター・ジャパン 穴井さんのセッション。

実は私も使っているサービス「tenpu」の増税対応をしたそうです。

システム屋さんあるあるかもしれませんが、自動的に行うために「バッチ」を実行するわけなんですが…

これのログを見ちゃうんですよね。見なくていいために作ったはずなのに(笑)

つきっきりでやらないために作った「バッチプログラム」なのに…

見ますよね。ログ追うよね。テスト繰り返したのに本番は本番で見るよね。

深夜でも結局見るよね(笑)

税率IDを変更すれば良い … だけ!?

工数2日で完了!

いやぁ、もうこの工数の低さ。魅力的ですね。

注意すべきこと…「日をまたいで(税率が変わるときに)請求が出来た人がいるか」を確認する必要がある。

一気にやってしまう、今回の対応以外に webhookを利用して都度(個々に)行うこともできる。

決済が発生するときに 10%に切り替えればいいよね …っていう方法。

税率8%のユーザーがシステム上に存在するのが気持ち悪い…って言ってました(笑)

オレはそれでもいいかな…って思ったけど。この辺こだわりですよね。

そして、まとめ

  • Stripeの増税対応はとてもカンタンにできるようになっている
  • 定額の定期課金の場合、税率は税率IDの差し替えのみ
  • webhookをうまく利用すれば、深夜対応しなくてすむ

穴井さん、ありがとうございました!

なんかすごく得した気分のセッションでした(笑)

注意事項もうひとつ、バッチの発行について…

100リクエストパーセカンド以下で! 厳守しましょ!

あとは、Twitterまとめ見てください!!

https://togetter.com/li/1418147

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で