この記事の所要時間: 213

WordPress用スパムコメント対策プラグイン「Throws SPAM Away」のVer.2.0をリリースしました。

WordPress › Throws SPAM Away « WordPress Plugins

前バージョンは1.7なので本来は1.8でも良かったのですが、IPアドレスによる制御という今までにはない切り口の機能をつけたことで思い切って2.0としました。

今回のバージョンアップで下記のことが出来るようになりました。

・WordPressに以前投稿されたコメントのうち、スパムとして処理したもののIPアドレスと比較し、同一のIPアドレスからの投稿であれば「無視」するように設定可能
・任意のIPアドレスからの投稿を「無視」するためにIPアドレスを設定し(複数可)、そのIPアドレス群からの投稿であれば「無視」するように設定可能

設定画面では現在まで「スパム」として処理したコメントの「IPアドレス」を一覧表示していますので、そのまま「無視」したいのであれば「チェックボックス」をチェック、いくつかのIPアドレスを「無視しない」のであれば、現在までの「スパム」処理したIPアドレス一覧をコピーしカンマ区切りで「任意のIPアドレス群」として除外IPアドレス以外を羅列するという設定がいいと思います。

「スパム処理」とはコメント一覧の一つ一つの下部に表示される「スパム」というリンクをクリックしたことを指しています。

この機能を作ろうと思ったキッカケは最近、日本語によるスパムもどんどん増えてきた現状にあります。
もともと、このプラグインは「海外からのスパム」対策だったため、ほどよい日本語が入っている分には内容を精査するわけではないため効き目がありませんでした。
・・・とこのブログにも最近多くなってきたので、「このやろう!」と思った次第です。(笑)

今回のバージョンアップによってより多くの方がスパム投稿から開放されることを祈ります。

P.S.
ちなみに日本語のスパム対策には今回のIPアドレス制御以外にNGキーワードの設定を使うとより効果的です。
スパム投稿される方(業者)はなにかを宣伝したいとかバックリンクが欲しいためコメント投稿に時間を費やしているはずですので・・・・
それらが無効になれば、やる意味がないはずです。(単なる嫌がらせに発展した場合はその限りではありませんが・・・)

ですので、宣伝文句となりうる商品名(ブランド名)やヒワイな言葉、思い切ってhttp:とかhttps:とかをNGキーワードとして設定すればかなり効果的と思われます。

頑張って行きましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で