この記事の所要時間: 23

PAY.JP さんが「年次の定期課金に対応された」・・・ということで
WebPay か PAY.JP か 利用目的によって別れていた部分「年次の定期課金」がまたクリアになりました。

WebPayはいよいよ3月いっぱいの運用終了までカウントダウン状態となりました。
ますます移行しやすくなってきました。

弊社が Welcart用に作っている PAY.JP決済プラグインについて


PAY.JPさんのこの動きに弊社のプラグインも対応の開発を進めています。

※弊社の Welcart向け PAY.JP 決済導入プラグインはこちら

もうしばらくお待ちください。

現在の進捗状況は・・・

年次の課金を作れるところまで来ております。
あとはテスト、テスト! テスト! テストおぉぉぉ〜〜〜〜!

PAY.JPの月次定期課金やWebPayの年次定期課金との相違点

気をつけなければいけないことがいくつかあります。

2017年1月14日現在ですが下記のような相違点(制限事項)があります。

PAY.JPの月次定期課金との違い

PAY.JPの月次定期課金で出来ていた「日割課金」及び「課金日付の指定」が出来ません。

課金の日程については課金日からちょうど1年後の課金となります。

トライアル日数の指定はできますが、次回の課金日を指定することができません。

おのずと「日割課金」もできないということになります。

WebPayの年次定期課金との違い

上記のPAY.JP月額課金と同様になるのですが
次回の課金日程の指定ができません。

ですのでWebPayではできていた 4月1日 が定期課金日だけど1回目に年額支払って次回は4月1日に自動課金・・・ということができないです。

このあたりは運用次第ですね・・・。

PAY.JPさんのブログによると プランの変更が可能とのことなので(冒頭でご紹介のブログの「プラン変更について」参照)
年次と月次を組み合わせてなんとか対応ということなんですね。

なんとかプラグインの方は1月末までには対応版リリースしたいです・・・。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で