この記事の所要時間: 35

WordPressロゴ
「WordPress4.1.1にアップデートしました。」
ってメールが届いた。

あ、自動アップデートされたんだ・・・

と思いました。

でも、前はアップデートされるとマズい・・・とか
動かなくなっちゃう・・・とか
いろいろ思っていたなぁと思って
そういえばPHPやMySQLのバージョンって今どんな要件だったかな・・・と思い
WordPressのサーバー要件を久々見ました。

テンプレート:サーバ要件 – WordPress Codex 日本語版.

見ていてふと思ったこと・・・

バージョン 3.2 系以降
PHP バージョン 5.2.4 以上
MySQL バージョン 5.0.15 以上
バージョン 2.9〜3.1 系
PHP バージョン 4.3 以上
MySQL バージョン 4.1.2 以上
バージョン 2.5〜2.8 系
PHP バージョン 4.3 以上
MySQL バージョン 4.0 以上[1]
バージョン 2.1~2.3 系
PHP バージョン 4.2 以上
MySQL バージョン 4.0 以上[1]
バージョン 2.0.x 系
PHP バージョン 4.2 以上
MySQL バージョン 3.23.23 以上[1]

WordPress3.2に上がった際に
PHP・MySQLともに要件バージョンがガクンとあがったんですね。

・・・なんとなくですが
WordPress も近いうちにはもしかしたらPHPの動作バージョンが
5.3以上に上がるんじゃないか・・・って思いました。

最近プラグインでも PHP5.24では動作しませんというものも増えてきました。

で、5.24 と 5.3 の間には結構違いが存在しています。

参考記事:http://co3k.org/blog/33

でも、まだたまに「PHPバージョン」が5.24のままのレンタルサーバーもありまして・・・

そろそろサーバー移転も視野に入れるようお伝えするべきかな・・・って思います。

WordPress4.2の情報がちょっとずつ出てきました。※英語ですが・・・
4月リリースみたいですね。

Version 4.2 Project Schedule
https://make.wordpress.org/core/version-4-2-project-schedule/

The plan: December 19, 2014 Trunk is open for business. (Post 4.1) January 21, 2015 Initial 4.2 meeting. February 18, 2015 (+3w) Decision time for features being developed as a plugin. Merge window…

楽しみです!

弊社でWordPress施工のお客様・サーバー更新をしたお客様はアップデートを無償で行っています。

※施工から1年未満のサイトに限ります。

弊社で下記の施工をご依頼されたお客様のWordPressサイトは施工から1年を目処に無償でアップデート作業を行っています。

・WordPressサイトの構築
・WordPressサイトの改造・機能追加
・通常ウェブサイトのWordPress化
・WordPressサイトを含むサーバー移転

ただし、特殊な改造が施されたサイト、PHPバージョンが5.3未満のサーバー上にあるサイトはアップデート後の保証が出来ませんので施工いたしません。ご了承のほど、よろしくお願いいたします。

ご希望の方はご一報ください。
基本的に3ヶ月に1度程度の頻度までとさせていただきます。
繁忙期には1~2週間ほどお待ちいただくこともありますのでご了承ください。

サーバー移転や現行ウェブサイトのWordPress化をお考えの方は弊社に是非ご相談ください。
弊社は特殊な場合を除き、WordPressサイトの定額保守サービスは行っておりません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で