この記事の所要時間: 542

 ◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
  サイト内検索は必須です!
 ◆───────────────────────────────◆
 
 いきなりのっけから「言い切り」のタイトルですみません。
 恐縮です。(汗)
 
 先日、サイトのリニューアルをしたんですが
 気になったことがありました。
 
  Yahoo!、Googleからのアクセス検索キーワードと
  ページの内容が違う!(またはページがなくなっている)
 
 ということです。
 
 
 せっかく「検索エンジン」で引っかかって来ていただいたお客様を
 
  ・・・・・・・・・
 「みすみす逃していた」というわけです。
 
 ——————————————————————–
 ■ アクセス解析をしていたからわかった お客様の取りこぼし
 ——————————————————————–
 
 ま、こういうことがわかるのは「アクセス解析」をしていたから
 ですので「アクセス解析」はもっと必須ということになります。
 
 アクセス解析を導入していない方はバックナンバーを参考にしてください!
 
 ▼ メルマガ第12号 アクセス解析を見る!
http://www.comsize.com/mag/20060901.html
 
 
 それでは、その「みすみす逃していた」お客様をサイトに滞在させるには
 どうしたらよいのでしょう?
 
 ——————————————————————–
 ■ 見つからなかった場合でも サイト内に留まらせないとダメ
 ——————————————————————–
 
 私は第一弾として「404エラーのページ」を作りました。
 
 「404エラーのページ」とは
 そのサイト内に指定されたURLのファイルが無い場合に
 表示される「404 Not Found」というサーバーからのエラーメッセージです。
 
 そのページを編集して「ブログ」か
 まぐまぐさんの「メルマガバックナンバー」へ
 誘導していたんです。
 
 それは「バックナンバー検索」や「ブログ内検索」があったからです。
 
 「404エラーのページ」の編集方法については
 バックナンバーを参考にしてください!!
 
 ▼ メルマガ第34号 見つかりませんページを編集しよう!
http://www.comsize.com/mag/20070201.html

 
 
 ようし!これなら大丈夫!
 すでに無くなったり移動したページでもこのページが出てきて
 お客様を留まらせられるぞ~!
 
 
 しかし・・・
 ふとした疑問が・・・
 
 ——————————————————————–
 ■ 結局、移動先や無くなったことをどうやって知らせるんだ??
 ——————————————————————–
 
 その後、考えました。
 
 そして思ったのは
 
 「結局メルマガバックナンバーやブログへ行っちゃったらダメじゃん!」
 
 ということです。
 
 せっかく自社サイト(わたしの場合)に来ていただいたお客様には
 自社サイトの中で見せたいものに誘導しないとダメですよね。
 
 そうだった!!!!!
 
 SEO的にも「メルマガのバックナンバー」は
 自サイト内に置いた方がいいんです。
 (※ここのくだりがメルマガでは「ブログのバックナンバー」となっていました。訂正しお詫び申し上げます。)
 
 Yahoo!ではサイトのページ数が多い方が有利だということが言われています。
 
 そして、私は以下のことを実行しました。
 
 ○ すべての「メルマガバックナンバー」を自サイトに追加。
 ○ サイト内検索を設置
 
 こうして1週間経ったでしょうか。
 アクセス数はみるみる伸びています。
 
 こうして「メルマガ」を発行するたびに1ページ増えるわけです。
 そうしてまた「ロングテール」効果でアクセスが増える!
 
 とてもいい循環だと思います。
 
 「ロングテール」についてはメルマガバックナンバーを参考にして下さい。
 
 ▼ メルマガ第11号 ロングテールって
http://www.comsize.com/mag/20060829.html
 
 
 ——————————————————————–
 ■ オススメのサイト内検索ツール
 ——————————————————————–
 
 サイト内検索を設置しよう! と思った方に自社サイトでも導入した
 「msearch」というCGIをご紹介します。
 
 ▼ ホームページ内全文検索エンジン msearch
http://www.kiteya.net/script/msearch/
 
 とても使い勝手が良かったのでオススメします!!
 
 導入にあたっては私がここで記述するよりも詳しい説明が記述されている
 サイトがありましたので紹介させていただきます。
 
 ▼ msearch 導入記
http://www.kiwi-us.com/~mizusawa/penguin/html_hint/msearch.shtml
 
 
 この「msearch」は本当に高速です!
 
 いろいろと設定がありますが慣れればページ追加のタイミングで
 一度「インデックス作成」を行うだけです。
 
 チャレンジしてみてください!!
 
 サイト内検索でGoogleを利用する方法も考えたのですが
 
 「結局、無くなったページのキャッシュが出てきた・・・」
 
 ので止めました。(笑)
 
 「無くなったページのキャッシュ」をGoogle検索結果から消す方法も
 あります。メルマガバックナンバーを参考にしてみてください!
 
 ▼ メルマガ37号 検索結果から古いページを削除する
http://www.comsize.com/mag/20070302.html
 
 
 チャレンジあるのみっ!
 健闘を祈ります!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で