この記事の所要時間: 112

携帯コンテンツの料金回収
ヤフー、代行事業参入

現在、Docomo,KDDI,Vodafone の携帯コンテンツの課金料金回収は
携帯電話使用料とともに支払うようになっている。

そこにヤフーが参入する。
・・・と言っても今までのそれとは形態は別で
クレジットカード・銀行口座からの引き落としとなるのだが
「やられた!」って感じ。
誰でも考えつくしそりゃそうだ!って思うことなんだけど
はじめにやられたらもう後はすべて2番3番煎じ。

現行ではキャリアのメニュー(Docomo「iメニュー」、au「EZトップメニュー」、Vodafone「Vodafone LIVE!」)からのコンテンツ、所謂「公式コンテンツ」にならないと課金コンテンツって難しい。
しかもキャリア一つ一つで承認が必要だから現状で3つクリアしないといけないわけ。
それを「ヤフー」のみで課金コンテンツ立てたらきっとキャリアに関係なく、ましてこれから参入しそうな「ソフトバンク」「イーアクセス」「ライブドア」・・・いろいろあるんだから「ヤフー」課金コンテンツという枠での可能性は未知数だ。

このパソコン向け最大手の参入によって次々と参入することは必死と思われる。
既存事業者への影響は避けられないだろう。

今後はKDDI,Vodafone3G で公式でないとダウンロードさせることができない
アプリの扱いが焦点になってくるのではないだろうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で