残業なくすにはどうすれば良いか?

残業はそもそもなぜしなくてはいけなくなるのか。

スケジュールがいっぱいいっぱいだから。

なぜスケジュールがいっぱいいっぱいなのか。

誰かが足を引っ張ってるから!?

マイルストーンが曖昧だから!?

お客さんが返事をくれないから!?

要するにそういうこと全部をひっくるめて考えたスケジュールで動けば良いのでは!?

結局、わかってはいるんだけど、予算から言うとどうしようもない・・・

・・・と言いながら残業するとまた逼迫するんですよね。資金が。

・・・というわけでやっぱり見積の時に工数を見ておくこととお客様に仮定の話しをしておくことが大事かな・・・と思います。

仮定とは

仮定の話しは「お客様にはこの作業をしていただくことになりますが、この作業が終わっていないと次の作業ができませんので○月○日までには最低限ここまでは終わらせておいてください。」という感じの話しです。

きちんとコミュニケーションが取れていれば「こちらの作業が遅れていてすみません。」ということになりますし、進め方が楽なんですよね。

仕事の対価が適正ではない!?

残業しないと終わらない仕事は納期厳守っていうことですよね。

例えば1ヶ月で終わらせる仕事で1日に始めたとして31日にきちんと納品出来るまで20日くらいから毎日残業・・・。

それなら1ヶ月半か2ヶ月もらわないといけない仕事だったのでしょう。

1ヶ月で終わらせる理由が1ヶ月分の見積だったとしたらその仕事を1ヶ月半〜2ヶ月のお見積り金額で受注しないといけないということになりますよね。

・・・とはいえ

なかなかそうもいかないですよね。

私もそうです。全然うまくいってないです。1人でやっているので時間に融通は効きますが残業という名前がつかない作業時間が多いです。

「そう思うようにはいかない」のは大前提でも、余裕のあるスケジュール、仕事に対する対価を高められるようにがんばっていきましょ〜!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で