この記事の所要時間: 333

自社でも自宅でも使っているプリンター兼ファックス
MyMioシリーズ (今はPRIVIO)

私が使っているモデルは MFC−j855DN というものなんですが
今はすでに現行モデルではないんですねぇ。

会社ではそれとモノクロレーザープリンタを使っているんですが、MyMioのインク代が安い!!

なぜ安いかというとこれを使っているから・・・

[amazonjs asin=”B00485MPLK” locale=”JP” title=”タダプリント ブラザー工業 互換インク 4色セット LC11-4PK(LC16-4PK)大容量カートリッジ(18本相当分)”]

これですね。
ブラザーのプリンタの構造上の特性を生かして通常タンクをでっかい「ビッグタンク」に差し替えてしまっているんです。

インクは純正が「顔料インク」で、このビッグタンクは「染料インク」っていう違いがあるので、業務上顔料インクでないといけなかったり色の違いが影響してしまう場合はおすすめできませんが、すでにいろいろなところにおすすめしちゃっています。

すでにうちは2年もこの状態で使っていますが、この間インク買わずにきています。

装着したところ
こんな感じになりまーす!

IMG_2665.JPG

IMG_2666.JPG
※赤(マゼンダ)インクの上のところが「蓋閉まってるよ演出アダプター」です。

で、この頃、内容量が少なくなってきたな・・・って思ったので充填用のインクを買ったんですよ。

[amazonjs asin=”B006FE5P6O” locale=”JP” title=”タダプリント ブラザー工業 互換インク 4色セット LC110 LC111 LC113 LC12 LC11ビッグタンク専用詰め替えインク(5本セット)”]

この価格だといろいろ手間を考えてビッグタンクもう一回買ったほうがいいのかな・・・って思ったんですが、大間違いでした。

この詰め替えインクで詰めてみたんですよ・・・
すると・・・

黒が  半分
黄色が 5分の1
青が  4分の1
赤が  4分の1

くらい・・・それぞれ 1本の・・・ですよ。
充填したくらいで満タンに・・・

あ、黒の量だけ見て買ってしまった感が有り有りですが(笑)

それでも2年弱でこのくらいのペース・・・すごくないですか・・・これ

実際のところ、年賀状印刷したりしていないので通常の自宅プリンタとしての業務はその分少ない・・・
でも普段の日から自宅プリンタでもガンガン仕事上の印刷しちゃうのでそれほど使っていなくもないっていう状態でこれです。

いやぁ、通常インクと比べたら相当なコストパフォーマンスですよ。

品質は・・・私はカラーを頻繁にださないのでそれほど気になりませんが、ちょっと発色が薄め・・・みたいですね。

そうそう、充填作業の際、これ買えばよかった・・・ってものも紹介しておきます。

[amazonjs asin=”B004ZOIEXC” locale=”JP” title=”ビッグタンク専用インク詰め替え用キャップと手袋”]

充填作業はこのアイテムがあると無いでは雲泥の差です。
使わずに素手でやった私は手がカラフルになってしまいました。
しかも100均で買ったスポイト使って・・・ちまちまと。
このキットなら一気にブジューって出来るようです。

ちょっと失敗。

この分だと今回買った充填用インクがなくなるのはあと2回補充後・・・っぽい。
※黒インクは2本入っているんですよ。黒がなくなりやすいのもキチンと計算されていてナイスです。

ご購入にあたってはお持ちのプリンターは対象機種なのか、だとするとどのタイプのビッグタンクを購入すべきか・・・をこちらでしらべてみてください。

繝励Μ繝ウ繧ソ繝シ豈碑シ
http://tsumekae-ink.jp/compare/

※新機種の方はこちらもご覧ください。

ブラザープリンターの詰め替えインクでコスト削減!タダプリント
http://tsumekae-ink.jp/brother/

ブラザー(brother)社製のプリンターでLC211やLC213の純正インクを使っているのなら、詰替えインクを替えるだけで印刷コストを1/10に削減できます。プリビオやジャスティオなどの複合機をお持ちならご覧ください。ブラザープリンタ用詰替えインク専門店だからこそ話せる話

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で