この記事の所要時間: 43

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
  404 Not Found ページを変更する? - 概要編
 ◆───────────────────────────────◆
 
 ポータルサイトや企業のホームページをご覧になっている際に
 「404 Not Found お探しのページは見つかりませんでした。」
 という文言が『オリジナル』のデザインで表示されるのを
 見たことはありませんか?
 
 これは「エラーページ」の設定をしているためできる技です!
 
 今回取り上げる技によって下記のような
 エラーページをオリジナルに変更できます!
 
 ● エラーページの種類
 
  よく見るのは「404 Not Found」だと思います。
  この「404」という数字はエラーコードです。
  主なエラーコードには他にも
 
  401 Unauthorized   認証に失敗した時のエラー
  403 Forbidden     指定ページへのアクセス権がない
  404 Not Found     指定ページが見つからない
  500 Internal Server Error
               サーバー内部のエラー
 
  このくらいでしょうか。
 
  エラーコードと言いましたが、実はこれサーバーから返却される
  「ステータスコード」なんです。
 
  以前このメルマガで「携帯電話からのアクセスを振り分ける」方法を
  取り上げました。
  そのときに設定した 「302」というコードもこの「ステータスコード」
  の一つです。
 
 ▼ 第15号 アドレス一つで携帯もPCも!
 
  実は「正常にウェブページ」が見ることが出来た時にも
  この「ステータスコード」は発行されていて
  その数値は「200」となっています。
  覚える必要はないですヨ(笑)
  何かのときに「ネタ」としてご使用していただければ幸いです。
 
 ——————————————————————–
 ■ 実際にエラーページを設定してみましょう!
 ——————————————————————–
 
 今回、エラーページを設定するにあたり
 「.htaccess」というファイルを使用します。
 
 「.htaccess」ファイルの作り方は
 下記メルマガバックナンバーを参考にしてください!
 
 ▼ 第15号 アドレス一つで携帯もPCも!
 
 ・すでに作成している方
 ・なんだか知らないけどそんなファイルが存在している方
 
 は、そのファイルの最終行から「追記」という形で記入してください。
 
 エラーのページは 別途好きなように作成してください。
 その上で、たとえば 「404 Not Found」に対応するページは
 「404.html」 のように 決めます。
 「見つかりませんページ」だけでよければ
 
———————————————————————-
ErrorDocument 404 404.html
———————————————————————-
 
 「.htaccess」にこの一行を追加するだけです。
 
 自社「株式会社コンサイズ」ホームページにも設定しました!
 
 ▼ 株式会社コンサイズ 適当ページ(存在しないページです。)
 
 このようになります!
 
 ページの作り方は他のページとまったく同じです。
 
 そのほか、下記のように設定し、ページを作成すれば大抵のエラーは
 オリジナルページで表示することができるようになります!
 
———————————————————————-
ErrorDocument 401 401.html
ErrorDocument 403 403.html
ErrorDocument 404 404.html
ErrorDocument 500 500.html
———————————————————————-
 
 エラーページは既にないページを参照に来たお客様をトップページへ誘導
 するなど、有効的に働いてくれます!
 
 是非、チャレンジしてみましょう!!!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で