この記事の所要時間: 047

コナミスポーツに行く途中、連雀通りを横断するのですが、いきなり走ってきた原チャリのあんちゃんがなんの前ぶれもなくいきなり転倒。
「すてーん」って平仮名がよく似合う感じの無血転倒で見ていてすがすがしい。
ところが運悪く周りには沢山のおばさんがいた。
おばさん達は口々に「大丈夫?大丈夫?」「怪我はない?」とか、なかには何故か半ギレで「大丈夫なのっ!なんとか言いなさいよっ!」と叫んでいた。


コケた音よりむしろおばさん達の声で群がる野次馬たち。見に来たところでただの転倒、見るものはなにもない。
野次馬たちの「何があったんですか?」の声に自慢気に語りだすオバタリアン。
かわいそうなのはコケた青年。
そそくさと立ち上がりバイクを起こし逃げるように彼方へ走りさりました。その間約三分くらい。
オレがあんたに変わって言おう。
「どこ見てんのよっ!」
頑張れワカゾウくん!オレも直接は言えん・・・

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で