この記事の所要時間: 33

 ◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
  検索エンジンのアルゴリズムが変更されたら・・・
 ◆───────────────────────────────◆
 
 Yahoo!、Googleなど主要検索エンジンは今やウェブ上のマーケティング
 の核と言っても過言ではありません。
 
 その検索エンジンマーケティング(SEM)の手法である
 検索エンジン最適化(SEO)は欠かせないものとなっています。
 
 ところがこの検索エンジン最適化=SEO対策には弱点があります。
 
  「検索エンジンのアルゴリズム」が変更されるとがらっと
    順位が変わってしまう恐れがある
 
 ということです。
 
 先日、3月31日にYahoo!検索スタッフブログでこんな記事が掲載され
 ました。

 ▼ YST検索エンジンアルゴリズム刷新

 ▼ Yahoo!検索スタッフブログ 記事元

 私が管理しているサイトの中にもその影響を受けたのか
 順位が下がってしまったサイトや逆に上がったサイトどちらも
 存在しました。
 
 ☆ 傾向と対策・・・
 
 このアルゴリズム変更において「傾向と対策」は立てようがない・・・
 と思います。
 
 ★ ここで究極の答えがあります!
 
  「本気で伝えたいことが伝わるホームページを作る!」
 
  最終的には これに尽きる 日がくるはずです。
 
  先日もメルマガコンサルの平野さんとこんな話しをしました。
 
 
 
    究極のSEOってなんでしょうね・・・・
 
 
 
    アルゴリズムの変更って、結局のところ
 
    『ユーザーが知りたい情報が的確に表示されるようにする』
 
    ために行われているのだから
 
    『ユーザーが知りたい情報を的確に簡潔に表現したサイト』
 
    を作ることになるはずだよね・・・
 
 
 
    そうですよねぇ(笑)
 
 
 
  結局、リアルに存在する雑誌、新聞などの紙媒体や
  テレビ、ラジオなどの放送による広告なんかの
 
  「プッシュ型」と呼ばれる媒体に頼る部分も
  結局大きいわけで
 
  「続きはウェブで・・・」みたいなCMは
  この流れの象徴じゃないかな・・・
 
  今は「過渡期」であり、最終的にはSEOというより
  『表示されるべきものが表示される』
  ようになっていくはずです。
 
 ◎ つ・ま・り・・・
 
  なんだかんだ言って
 
  『やるべきことをきちんとやっているホームページ』
 
  が残っていくんじゃないかな・・・
 
  という結論に至りました。
 
 
 ※ プッシュ型・プル型については下記参照
 
 ▼ アスキー デジタル用語辞典
 
 
 ◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
  やるべきことをきちんとやっているホームページ
 ◆───────────────────────────────◆
 
  とかなんとか言っても現状やっぱり
  検索キーワードが気になるわけで・・・
 
  過剰とも思われるSEO対策に追われていたり
  「アルゴリズム変更」という言葉に一喜一憂したり・・・
 
  もちろん、とても大事なことです。
 
  でも「やるべきことをやっているホームページ」なら
  おのずと順位が上がってくるはずです。
 
  (だと・・・思います。)
 

▼ ためになったら押してください!
にほんブログ村 ネットブログ ネットサービスへ

▼ ウェブブランディング ホームページ制作 株式会社コンサイズ

東京都渋谷区恵比寿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で