この記事の所要時間: 22

出会い系サイトから依頼を受け、送信者偽装メールを大量送信した広告会社社員を逮捕
livedoor ニュース

スパムメール男だぁ!

ニュースによると

出会い系サイトの広告メールを都内のNTTコミュニケーションズが設置したメールサーバを経由させ、送信者情報を偽装して合計6回、約5,300万通を不特定多数に送信した疑い。

とのこと
NTTコミュニケーションズが設置したメールサーバを経由させ・・・・??
よりによってNTTのメールサーバ経由かよっ!と思ったのだが、よく考えたらプロバイダがOCNだったのだろう。要するに普通にスパムメールを送ったということか。

このニュースにもありますが送信者情報って偽装できるんです。
案外知らない人も多いと思いますが、簡単に出来ます。

何のコンピュータ言語でもプログラミングした経験がある人なら、「メール送信」プログラムを作ったことがある人も多いだろう。
この【メール送信】プログラムでメールを送信するために必要な情報がある。
・To         あて先 ・・・当たりまえかw
・SMTPサーバ情報  メール送信サーバのホストドメインまたはIPアドレス(自マシンならいらなかったような・・・)
・From       送り元

最低でもこの3つ。
しかし ToとSMTPサーバ情報は適当じゃ絶対届かないが
Fromはうそでも送れてしまうんです。

危険でサイテーな話しなので絶対マネしちゃいけない!!!!のですが
携帯電話のアドレスを送り元アドレスとして指定することも可能です。

浮気相手が本命を装って「別れてください」メールを打ったようにすることも可能って言えば可能。

うぁ
サイテー!!!!!!
最悪!!!!!!!!

ただ、見抜くことも当然できます。
メールのヘッダに「Received:」っていうのがあります。
何個かある場合もあるんですが、
Received: from mail.hogehoge.com (210.1xx.1xx.1xx)
こんな感じのものがあればそこから送られているということです。

これが明らかに「ん??」って場合は怪しいです。

携帯メールには偽装のメールは受けないっていうオプションがあった気がします。

みなさん、注意しましょう!!

・・・ってそういうニュースじゃないな。

こんなスパムメールに圧迫されるハードディスクスペースって無駄ですよね~。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で