この記事の所要時間: 044

いつも待たされる切り替わりがおそ~い、信号がある。
そこを自転車で待っていたら後からひとりまたひとりと殿方がならんできた。
ふたりともサラリーマン風ピーコートを身にまとったダンディズム。
やがて信号が青に変わり、さぁて行くか~っと自転車をこぎはじめたとき事件は起こった。
なんと一番後ろにいたサラリーマンがシャカリキにこぎはじめエイトマンのようにオレを抜いて行ったのだ。なんやこいつと思ったが・・・


次の瞬間、もうひとりもダッシュしたのである!
なにかにキレたように前に行ったサラリーマンを追い始めた。
あっ!という間に並びそこから二人は互いに肩が触れそうな至近距離で牽制しつつも異様な速さで視界から消えて行った。
ふぅ

ちょっと行ったところで片方が自転車停めてるところを見たがどちらだかわかんなかった。
なんで競争してたのかな~

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で