この記事の所要時間: 149

さくらVPSでサーバー構築し
なんとなく慣れているという理由から CentOS6を選択・・・

順調に構築していきました。

iptables
php
mysql
httpd
postfix
等々

で、WordPressをインストールして、見てみることに。
すると、403 Forbidden エラーが!!!

いろいろパーミッションみたり
よくあるユーザーの権限とかグループとか見たり・・・

ぐるぐる回ってGoogle様にお聞きして・・・

やっと見つけたのがここ

あぁ、噂には聞いたことがあったが、 SELINUXのせい ってやつかも。

・・・ということで、とりあえず・・・
SELINUXを確認してみました。

コマンドで getenforce って打って「Enforcing」って出たらそういうこと〜
# getenforce
Enforcing

あ、そういうこと〜

じゃあ、どうすればよいか・・・
こちらの記事内に書いてありました。

SELinuxによるアクセス制御を全てに無効にしてよい場合、setenforceによる設定はサーバーの再起動後には元に戻ってしまいますので、SELinuxの設定ファイル「/etc/selinux/config」を以下のように編集しサーバーを再起動します。
:(略)
SELINUX=enforcing
↓変更
SELINUX=disabled

これでOKらしい。

・・・あ、出来た。見えた。

助かりました。ありがとうございました。

ちなみにインストールしたのは CentOS6 でもバージョンは

CentOS release 6.6(final)

でした。
・・・なるほど、この前インストールしたのは6そこそこだったからちょっと初期設定違ったのか・・・。

また、勉強になりました。